りつこ式覚醒メソッド

人の価値観はその人のもので、あなたの価値観はあなたのもの。

「希望通りに進まない」

誰でも希望通りに人生を進めたいと思うよね?

それは、あなただけではなく、わたしも同じだよ。

それでも、上手くいかない・・苦しい・・ なぜ?なぜ?と思っても、
答えは見つからないということはある。

占いに頼る人や誰かに相談する、もしくは誰にも言えず悩みこんでしまう

パターンはそれぞれあるの。

自分以外の脳を借りるのはいいこと?

自分で解決出来ないのなら、誰かに相談することも占いなどに頼ることも、
自分以外の脳を借り、自分の思考を広げていく、
視点を増やすというところから見ると、悪いことではない。

大事なことは、その時に、 相談した方や占いの言葉をきちんと
受け止めることが出来るかどうかだけ。

そして、更に大事なことは、どの言葉(アドバイス)を聞いたとしても、
決めるのは自分だということを知っていることだよ。

誰かに知識を借りるというのは、
あくまでも「借りる」だけということを覚えておこう。

 

誰かの知識は誰かのものであり、あなたの知恵ではない

誰かにアドバイスをもらったとしても、
あくまでも知識を借りているだけだということを覚えておいて。

これを忘れてしまうと、同じようなことで悩んでしまう。

誰かの知識を自分の知恵にするにはどうしたらいいのか?

答えは簡単です。

自分の中に、借りた知識を落とし込むこと、
更にその知識に関する責任を負うことです。
自分の知恵になれば、誰かに伝えることもできるよね。

しかし、これを自分の中に落とし込まず、誰かに伝えてしまうと、

「〇〇さんが言ってたから・・」という
あなたに伝えた人の責任にする可能性がある。

例えば、偉人の有名な言葉
「〇〇さんの「〇〇」という言葉があるように・・・」と引用するのは
ありやすいパターンですが、この時も、
例え〇〇さんという固有名詞がついていても、その人に伝えたのは、
あなたなのですから、あなたの言葉として相手は受け止める可能性もある。

偉人の言葉であっても、誰かの知識であっても、
口にした時点で、それは「あなたからの言葉」だと
相手は受け取ることを忘れてはならない。

あなたの口から出た言葉はあなたの価値観に基づいているもの

気をつけて・・。

あなたが気がつかぬ間に、あなたの価値観から出た言葉で
誰かを傷つけている可能性があるよ。

そのことを意識して、言葉を発していこう。

 

結局のところは?

結局のところ、
誰か相手がいた場合に、上手くいかない時、
望み通りにならない時は、必ず原因がある。

上記にあるように、気がつかぬ間に相手を傷つけてしまったり、
心に衝撃を与えてしまっていることも少なくないの。

自分自身に原因があるということ。

もちろん、相手にも原因があることも少なくありませんが、
自分に原因があるということを認めて、
相手に寄り添うことを考えていこうね。

なぜ思い通りにならないのか?

それが相手があるものなら、
相手にも都合があるのだということを理解致しよう。

価値観というのは、人により様々なのですから・・。

あなた自身の価値観も大切にし、
相手の価値観を大事にすることで、
もっと、相手との関係は良くなっていくから。

 

お読みくださったあなたのご多幸をご祈念致します。

電子書籍で守護霊の事をもっと知ってね

お友達追加

守護霊の事を随時発信中。 LINEに登録してくれてる方には月1回無料ヒーリングをやっています。
友だち追加
上のお友達追加のボタンで行けない場合は
LINEのidで検索してください。
@rinnkaでLINE ID検索! (@もお忘れなく)

-りつこ式覚醒メソッド

© 2022 なりたい自分コーチ マザーりつこの部屋 Powered by AFFINGER5